ダッチライト型ガラス温室からビニールハウス・農業用資材まで当社におまかせください!!
株式会社多田ビニール工業所〜ブロードウェイガラス温室からビニールハウス・農業用資材まで当社におまかせください!

Tel 0436-63-3365 / Fax 0436-36-1615

  トップページ  /  会社案内  /  製品案内  /  房総白きび  /  お問合せ  
ダッチライト型ガラス温室
強化型丸屋根ハウス
強化型丸屋根ハウス
受注生産
温室技術の応用

ダッチライト型ガラス温室 ブロードウェイ温室


 2015.5月 千葉県君津市に、最新の野菜(トマト)プラント、約1,600坪を施工しました。

→ くわしくはこちら

 ブロードウェイ温室はダッチライト型(フェンロー型)を採用しております。
 ダッチライト型とは、ヨーロッパで生まれたユニット・プレハブ工法を採用している多連棟温室の総称で、通常の大屋根型温室と比べて、経済性、換気効率、光線透過量の面で非常に優れた特性を持っております。
ブロードウェイ温室はこれらに加えて鉄骨、アルミ材からボルトにいたるまで国産の物を使用しております。 それにより修理における部品の供給やお客様の用途に合わせて設計することも可能になりました。
 また、施工後は多田ビニール工業所が責任をもってアフターサポートいたしますので末永く、安心してお使いいただけます。

 通常の天窓開閉システムはモーターの回転を減速機によって減速し、その回転をオペレーターパイプに伝えてワイヤーもしくはギヤによって開閉バーを引いて天窓を開閉します。

 当社で採用している天窓開閉システムはモーターの回転を減速してオペレーターパイプに回転を伝えるまでは同じですが、そこから更に特殊ウォームギヤによって減速をおこない。開閉バーを引っ張ります。 これにより減速機にかかる負担を軽減できます。

 また、故障における修理等も容易にできるようになりました。

 側窓にガラスサッシがある場合、オプションで自動側窓開閉システムを取り付けることができます。

それにより今まで手で開閉していたものをスイッチ一つで動かすことができます。また天窓制御盤、複合制御盤に接続すれば自動制御も可能です。

他には安全策として側窓に一定の力がかかると開閉パイプに接続されている側窓金具が外れるように設計されています。
それにより側窓に障害物が挟まってしまった場合でも被害を最小限に食い止めることができます。


ラックカーテン

ラックカーテン

循環扇
お客様の用途に合わせて各種付帯設備の取り付けが可能です。

温室の環境制御にはさまざまな方法があり
お客様の用途、ご希望にあわせて各メーカーの制御盤を取付ける事が可能です。

PDF版パンフレットダウンロード 当社の最新パンフレットです。
右クリック → 「対象をファイルに保存」でPCに保存してください。


株式会社 多田ビニール工業所
〒290-0016 千葉県市原市門前412
Tel0436-63-3365 【Fax】0436-36-1615
【E-mail】info@tadavinyl.com
Copyright(c) 2006-2018 Tada Vinyl Industory inc. All Right Rserved.